今の社会の問題は「パンデミックごっこの悪乗り」による弊害だと思います。

この悪乗りがでワクチン被害者が増大するという人類危機です。

オミクロンに至っては弱毒性がわかっています。

2年前を繰り返すのですか?

いい加減に気づいてくださいと言いたいです。

2年前は得体の知らないう感染症という存在でしたから、社会全体で警戒するのは当然でした。

それでも人類史上やったことない「人流抑制」は異常でした。

なぜ、民衆はその異常に気が付かないのか?

いわゆる「コロナ脳」になってしまいました。

「PCR検査」という降ってわいたような「検査名」をテレビで登場しました。

「専門家でもない人が専門家のような口調で」PCR検査の必要性を訴えていたことに違和感を感じていたことを思い出します。

 

これも異常社会であるはずなのに疑うことを知らない「コロナ脳」に罹った人たち。

 

不思議に思いませんか?

PCR検査で陽性となったらなぜ「感染」なのか?

インフルでも風邪でもPCRにかかれば「陽性」になってしまう。

しかも日本ではPCRサイクル値が他国に比べ高すぎる。

こんなあやふやな検査で「パンデミック」に日本が付き合ってよいのか?

エアパンデミック、パンデミックゲーム、コロナ茶番劇、コロナ騒動。

PCR testというツールを悪用して、メディアを通じ、パンデミックという混乱をつくったのです。

 

 

また、日本では感染症の被害が極めて少ないのに「世界基準」にお付き合いしたことで「コロナ禍」という人災をもたらしたのです。

そして、本命の「大ワクチンキャンペーン」です。

もうどれだけ踊らされれば日本人は気が付くのか。

 

オミクロンにいたっては、のど風邪レベルになっているのに、今まで風邪で経済を止めてましたか?

もういい加減に気づいてください。

年明け早々の今の時期に2年前1年前と同じことをまた繰り返すのですか?

国民をリードする政治家の責任も大きいです。

 

徳島大学名誉教授 大橋眞先生は新型コロナウイルスは抗原体が証明されていないのにワクチンなど出来ないと訴えてみえます。

 

(以下、想像)

最初はSARSウイルスを遺伝子操作してばらまいたのかもしれません。

ところが思うようには被害を大きくできなかった。

日本ではほぼ被害なし(2020年は超過死亡が減少した事実)

だけどワクチンは違う。

確実に体内で抗原をつくれる。

血栓ができやすい。

免疫不全が起きやすい。

・・・

今回の記事は「かもしれない」という根拠のない架空が入っていますのご注意ください。

しかし、一番言いたかったことは、、、

 

「子どもにワクチンは慎重にご判断を」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(過去記事)以下もご参考に

 

 

 

13歳少年ワクチン接種後の死亡、因果関係を認めない厚生労働省分科会

 

 

 

 

 

北海道有志医師の会が作成された「家族を守るためにできること」というチラシにはワクチン接種に対して慎重に判断をするための的確な情報がわかりやすく記されています。

ワクチンを打つことで免疫力が低下し、あらゆる感染症に感染し重症化する危険性があるとまで明確に言っています。

「そんなことないよ」と頭からはねのけないでください。

外国で日本でこれらの懸念が数字として出始めているではありませんか?

「テレビで言わないことだから」ではなく「テレビで言えないことなのです」

彼らがワクチン待望の民意を作り、後遺症に苦しむ人達を無視して、正当性だけを流布してきたのです。

そこに矛盾を感じる人が多くなっています。

普通に考えてください。

すでに報告数だけでも1431名が亡くなっています。

この人数を何も問題にしようとしない姿勢だけでもおかしいと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

怖いのはオミクロンではありません。

最近のテレビ番組を視てますと「オミクロンはもう怖くない。いつまで過度な警戒をするのか。きりがない」という意見が増えてきました。

 

さて、この異常社会の根源はワクチンです。

 

「オミクロンにワクチンは不要。ワクチン後遺症の方が怖い。3回目接種などとんでもない」このような意見をいう人がテレビの中でも増えることを期待します。

 

 

次の記事内にある重症化数の推移がまさしく事実を語っています。

厚生労働省 データでわかる新型コロナウイルス感染症

https://covid19.mhlw.go.jp/

 

 

 

米国疾病予防管理センター(CDC)は、ワクチン接種後の心筋炎心膜炎のデータを示しています。

これによると、アメリカではワクチン接種後の心筋炎心膜炎が2021年に突きぬけて多いことがわかります。

年齢も若年層が多く、1回目よりも2回目接種後が多いことがわかります。

日本でも若年層が接種後の心筋炎心膜炎が多いことを国は認めています。

 

https://openvaers.com/covid-data/myo-pericarditis

 

#ワクチン副反応

https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E5%89%AF%E5%8F%8D%E5%BF%9C?src=hashtag_click

 

今のワクチン正当化社会は「正論」がなかなか通じない。

なぜこれほどまでにワクチンを正当化したがるのだろうか?

この異常社会を気づけない人がなんと多いことか?

心配していたリスクが残念ながら顕著なっている。

 

死亡者数

心筋炎心膜炎 重篤患者

妊婦の死亡者数 など

これまでのワクチンとは比較にならないぐらい多い。

 

この数字を政府もテレビも口にしないのだから不気味である。

不気味を通り越して怖い。

オミクロン株は弱毒性だけど感染力が強い。

だから、まん延・・とか緊急事態制限とか言って経済を止めるという。

ワクチン3回目を前倒しとか、もうワクチンで何をしたいのか意味不明状態である。

弱毒性なのだから、まん延すればいい。

これぞ自然ワクチンであり、今までもそうしてきたではないか。

こんな経済を止めワクチンをワクチンを異常に勧めるといったバカ騒ぎはしてこなかった。

なぜ、この矛盾に多くの人は気づかないのか?

 

 

門田隆将氏

1日の新規陽性者が数万から数十万でも平然の欧米と“コロナ脳”の日本のリーダー、どこが違うのか…

いつまでも自粛してなさい、日本!

 

 

 

ワクチン接種開始当初は、妊婦さんにも接種を進めていたと記憶しています。

ところがご覧ください。

すでに妊婦さんのワクチン接種後の死亡者数が192名に上っているようです。

これを報道しないのは大問題ではないですか?

勇気ある政府関係者は声をあげてください。

この数字を知ったら誰もが慎重になります。

このまま国民に知らせずにいて本当によいのですか?

即時、接種STOPです。

 

 

 

ワクチン有害事象報告における妊婦・胎児への影響一覧(〜2021-12-17)

https://side-effect.jp/adverse_events/pregnant?q%5Bage_gteq_all%5D=&q%5Bage_lteq_all%5D=&q%5Btake_vaccine_medicine_id_eq%5D=&q%5Btake_vaccine_lot_number_cont%5D=&q%5Bdied_eq%5D=true&q%5Bsymptoms_name_or_symptoms_name_ja_cont%5D=&button=

 

 

アメリカ CDC のワクチン有害事象報告(VAERS)では、心筋炎は2021年、激増しているという報告です。

 

 

 

 

 

日本でも若年層のワクチン接種後に心筋炎が多いことを認めました。

https://tweetsoku.com/2021/12/26/ワクチン接種した12歳の子供たちが続々と死亡や重/

 

 


・・・本記事の目的・・・

ワクチン接種直後(初期)の副反応はインフルエンザに比べて各段と多いことが日に日に顕著になってきました。更に中長期的なリスク(抗体依存性免疫増強:ADEなど)をとなえる専門家がかなり多くみえることもわかってきました。専門家とは感染学者や医師のみなさんであり、彼らの見解は公的機関のデータや研究発表を基にしております。「科学的な根拠」があり、いわゆる「デマ」とは違います。また、私感ですが彼らには人としての正義心や誠意を感じます。ところが報道を視てましても彼らの見解は何故かほとんど取り上げられず、完全に無視されているのが実態です。本来であれば、生命や健康に関わる重要案件である故に国民の知る権利が阻害されてはなりません。接種を自己判断するためには、生命健康へのベネフィットと同時に考えられるリスクも国民には知る権利があります。このような情報が偏っている状況下のままでは、あってはならないことですが、「知らなかった。なぜ政府は隠していたのか」と後悔や怒りを持つ国民が増えてしまうのではないかと懸念しています。納得の上で自己判断してもらうことが最低限の政府の責任ではないでしょうか。私は記事にたどり着かれた方に対し、以上のような観点からの有用な情報を微力ではありますが提供をすることを本記事を書くにあたっての目的としてきました。国民は薬害では苦しんできた経緯があります。薬害の可能性が否定できない現段階においては、より慎重であってよいはずです。以上、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


 

 

Follow me!