ウクライナ問題の根っこにあるものを知らなければ、私たちは簡単にメディアのデタラメ報道に騙されてしまいます。

わからないのはテレビに出てくる言論人の方々です。

彼らは専門家でありながらピントがずれすぎている。

ど素人でも少し歴史を勉強をすれば、ウクライナ問題の本質に近づくことができるのに彼らは何をやっているのでしょうか?

それと同時に報道の醜さにも気づけます。

一体、彼らの公平な視点はどこに行ったのでしょうか?

 

彼らを勘違いさせている常識の壁がウクライナ側が自国民でも特にドンバスに住むロシア人を虐待してきたという事実です。

自国が自国民を虐待するという発想は日本では考えられませんから。

それと、大統領でもコントロール不能な極右暴力集団の存在です。

ありえない話ですが、日本がネオコンから派遣された外国武力集団に政権を奪われ、不満を持っている国民を武力で痛めつけるようなものです。

日本がこれから移民が増えれば、ウクライナのように多民族国家になるおそれもあります。

日本で利権を手中におさめたいと企む外国勢力は、日本の多民族化を進めています。

多民族化とは最近よくもてはやされる「多様化」と同じ危険分子です。

混血もふえ、日本の精神は薄らぎます。

国家内に移民街ができます。

彼らに特権を与えれば、他方で不満を生まれます。

当然、日本の和の精神も薄らいでゆきます。

日本古来から受け継がれてきた大切なものが失われてゆきます。

このように混乱の種を撒いているのが移民政策です。

 

悪魔は混乱の種を撒きます。

 

ウクライナ問題はウクライナとロシアの紛争ではありません。

それを仕組んだ存在があるんだということだけでも知りましょう。

日本も対岸の火事ではありません。

 

 

今、日本の着実に混乱の種を撒かれていることも知るべきです。

また、ロシアとの関係悪化も問題です。

北方領土交渉は元の黙阿弥どころかテーブルにもつけない状態になりました。

北海道だって狙われています。

 

政府は何をやっているのか?

諸悪の根源はロシアでもウクライナでもない。

混乱・紛争の種を撒いている者です。

何を踊らされているのか?

 

 

 

 

 

字幕をオンにしてご覧ください

 

 

 

ウクライナ社会党の元指導者 最高議会議員 Illia Kyva氏

「ブチャでの悲劇は演出で、事前に計画されていました」

 

 

Follow me!