ウクライナ関連、西側主流メディアのニュースを何の精査もせずにそのまま流している日本メディアのニュース。

映像だけでデタラメ真逆であることを立証されている記事です。

 

テレビではウクライナ関連のニュースが本当に多いです。

流れるたびにほとんどの国民は、「プーチンは悪いヤツだ!」と思い込まされています。

これは報道の〇〇だと言ってよいです。

 

もう一つ、言いたいことは、何度も何度言ってきましたが、歴史背景からもこのニュースは「絶対にありえない」と判断できるということです。

 

2014年の事実上のクーデターでウクライナ政府は反ロシア反プーチンになってしまいました。それ以降、ウクライナに住むロシア人は徹底的に弾圧、虐待、虐殺を受けてきたのは事実です。

その歴史的事実があるにもかかわらず、ロシア軍が東部の街にミサイルを破壊し一般市民を無差別に殺しているなんて120%ありえない。

「それぐらいのことを普通に考えればわかるでしょ!!!!」

と言いたいわけです。

今日もルガンスクの学校にロシア軍が空爆を・・・というニュースが流れていました。

 

よくこんな絶対にありえないニュースを恥ずかしくもなく垂れ流していることに良心は痛まないのかと思います。

歴史的背景を知っていれば、このニュースもあのニュースもプーチンを悪者にしたいという目的のプロパガンダニュースであることを気づけるのです。

もうヨーロッパでは、この手のニュースのウソに気づいている人は多いように思います。

日本人も早く気づきましょう。

 

 

 

Follow me!