海外ではこどもの急性肝炎が多発しているというニュースです。

その原因はワクチン接種にあるという専門家の意見もあり。

日本は子どもへのワクチン接種のリスク提示がまだ十分ではなく、肝炎という更なる危険性が出てきたわけです。

新型コロナウイルスワクチンは、体内で長い時間スパイクタンパクを発生させてしまい、部位によってはスパイクタンパクが毛細血管に溜まってしまい炎症を起こすという危険があります。

更にブースター接種となると、同じ抗体発生を体内で繰り返すことになるので、免疫不全が起こってしまい多種の感染症を起こす危険もあるのです。

新技術で開発された未実績のワクチンを治験が完了する前に使用してしまった人類の今回の行為は異常でした。

人類に使用する前から一部の専門家がこれらの危険性を訴えていました。

そして接種開始から2年が経過し、訴えていた危険性がこうして表面化しているのです。

一部の海外でワクチン接種の危険性を検証をしているので敏感になっています。

周回遅れの日本では、未だブースター接種を推奨しています。

危険性を検証をせずに海外に追随し、未だ危険性の検証をせずにブースター接種を続けている日本の行政はどうなってしまったのでしょうか?

 

政府は本当に国民のために働いているのか?

検証すらしない。

厚労省のHPやこびナビさんHPには「〇〇の危険性の報告はありません」という表現はされていますが、「報告がなくても検証しろよ!」と言いたいです。

治験が完全に終わっていない薬剤に「報告がないから安全だ!」はそもそも無責任で不誠実なのです。

 

 

良心ある政府関係者はとくかく検証をしてその結果を正直に国民に報告してください。

 


 

今までのワクチンとは全く違う
これはワクチンではなく
遺伝子組み換え技術だtお忘れないでほしい
モデルナはDNAを変えるために特別に設計されたと書かれている
現在この遺伝子組み換え技術をさらに開発することについて多くの議論がなされており、しかも前向きな議論だと「人類を自由に変えられる」「私たちを外部から制御できるようにする」「いいことじゃない?」だからこれはワクチンではない。
病気を防ぐように開発されたものではない。
実際のあなたの免疫システムを制御し、Toll様受容体478を破壊してしまう。
これは体の主な免疫システムである。
ワクチンは体のキラー細胞を破壊してしまう。
これはあらゆる感染を防ぐ最前線の免疫細胞であり、風邪にしろインフルエンザにしろ全部妨げる。
このワクチンはCD8細胞を抑制するのだ。

このワクチンがToll様受容体478を完全かつ不可逆的にクリアまたは除去する。

 

Toll様受容体は1990年代に発見された。
発見者はノーベル平和賞を受賞した。
つまり、これは斬新なテクノロジーである。
Toll様受容体が体の表の全ての器官に存在し、つまり、血管を含み外界と接触する可能性のある消化器、肺、副鼻腔などのあらゆる表面にあることを発見された。
指が切れたら指の血管が暴露されてしまうからToll様受容体は一日中高い警戒を続けて周囲環境をコントロールし侵入者と自分の身体から区別している。
私にとって、それは神様の傑作だと、絶対に神様が私たちに授けた免疫システムである。
私たちの自然免疫システムがこういうふうに設計された。
しかし、このワクチンはToll様受容体47及び8を恒久的に除去所及びクリアする。
Toll様受容体は10種類がある。

 


 

コロナワクチンは「DNAを変えるために特別に設計された」 モデナ、ジョンソンワクチンは、遺伝子組み換え技術により、ナノスケールの脂質毒素を追加した。毒性の追加はワクチンまたは病気を防ぐための開発ではない。それは免疫系を抑制し、 主に自然免疫を破壊することが目的。(その2)

 

 

Follow me!