ロシアへの経済制裁は経済制裁になっていない。

経済制裁に協力している国が逆に経済の痛手を負ってしまっています。

ロシア関連株の儲けた投資家だけがおいしい目をしました。

 

ロシア経済は戦争に追いやられたおかげで特需になっていることでしょう。

ロシアへの経済制裁が何だったのか?ロシアから企業が撤退してもそれが制裁になるのでしょうか?

ロシアは自給自足ができて鎖国可能な国です。

食糧、エネルギー、鉱物、軍需ほとんどを自前できます。

常識で普通に考えればわかることです。

 

逆に日本は経済制裁されたら大変困る国になっています。

食糧、エネルギー自給率も低く、鉱物もなく武器も作れません。

金融資産がいくらあっても有事には役に立ちません。

アメリカから敵国扱いされれば、米国債は紙切れになります。

アメリカというよりはグローバリストの言うなりなのが今の日本です。

この厄介な存在が日本人の富を吸いとっています。

そんな厄介なグローバリストの自由にはさせまいとロシアを守っているのがプーチンです。

日本はこのような猛者のはびこる国際社会での舵取りをしていかなければなりません。

私たちはこのような人類にとって厄介な連中の存在に気づくべきです。

気づいて一掃ができれば、戦争も飢餓も難民も発生しません。

難民はそれぞれの国に戻り、田畑を耕せばいいのです。

足りない技術は日本が指導する。

それぞれの国がそれぞれの国の中で得手を伸ばし文化を育む。

これが真の多様性社会です。

移民を受け入れ、「多文化共生社会」たる分断の種を撒くことが多様性ではありません。

めざすべき方向がバラバラにならないように、変な方向に誘導する連中に惑わされないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

自給率を上げたくてもアメリカが上げさせてくれない

https://toyokeizai.net/articles/-/593363

Follow me!