想像しただけでも、無理な食材、コウロギパウダーですが、これを本気で普及しようとする国の動きがあります。

これについて思うことは、国の推奨でワクチン接種を積極的にうけてきた人たちが、このコウロギ食も懐疑心なしで受け入れるのかという点です。

食糧危機、食肉の代わりにコウロギでたんぱく質を補う。

「国が推奨しているから安心だよね」なんて思ってしまうのか?

気になります。

日本人は賢明であってほしい。

どの政治家が先導しているのか?その理由に筋が通っているのか?自分なりに調べて納得してから行動をすることが大切です。

 

よくよく社会をみてください。

今までやっていないことを積極的に推し進める政治家さんはなぜか同じメンツです。

長きにわたる日本社会の秩序や風習を否定する人たちはいつも同じムジナです。

 

その人たちの話は筋が通っているようで通っていません。

筋の通っているかどうかを見極めるポイントは、多角的であるかどうかという点です。

正しいことは、一方向だけではなく、多方向で筋が通ります。

日本の伝統、風習、秩序を否定する人たちは、「国際的に日本は遅れている」とか「やっていないのは日本だけ」とか「○○研究機関の論文がある」など、理由にもならない理屈を通そうとします。

ワクチン接種を推した時も、「大切な人を守るために」「こういうデータがある」とか、一部の偏った情報であり、多角的には筋が通っていません。

私たち日本人は、日本の伝統、風習、秩序を否定する人たちには要注意です。

先人が長く守ってきたこと大切にしてきたことには理由があります。

LBGT同性婚や夫婦別姓も声高な政治家さんに要注意です。

少数派に特別な権利を与えることで、多数派との対立を招いてしまう。

すなわち、社会の混乱をつくることが目的です。

国を分断させることで、その国を支配することができます。

移民を受け入れる施策もそうです。

 

表だけで判断してはいけません。

裏もあるし上も下も内部からの視点もあります。

もっと言うなら、過去からの視点、未来からの視点もあります。

正しいことは、多くの視点で筋が通ることです。

そこを見極めなければ、打たなくてよかったワクチンを打ってしまうし、今までの常識にはない、とんでもないモノでも受け入れてしまいます。

「オイオイ、遺伝子操作の食材も敬遠しているくせに、現物を体内によくも注入できるもんだ。ワハハ。」

「オイオイ、お前ら、何食べてんの?コオロギまで食べるのか!それなら、これはどうだ!ゴキやウジでもいってみるか!」

自分の思い通りになる、その人類の行動を見て、笑っている悪魔達からの視点を想像してみましょう。

 

 

 

 

 

Follow me!